風の彩り-2

カテゴリ:山歩き ( 15 )

アプトの道残り半分 鉄道文化村から峠の湯へ #2 旧丸山変電所 



アプトの道東半分、続きです。

鉄道文化村を後に、歩くことおよそ30分。
素敵な建物が見えてきました。
ここも煉瓦造りです。
a0357206_20425894.jpg


ここが旧丸山変電所です。
列車が上り勾配を越えていくための電力を補うための施設とのことです。

a0357206_20431624.jpg



近づいてみると、ご覧の通り風格のある建物です。
a0357206_20430117.jpg


煉瓦に囲まれた古い窓・・・
時間の流れを感じさせてくれる何かがありますね。
a0357206_20432716.jpg


左右対称の端正な様式美がありました。

a0357206_20432535.jpg




a0357206_21002043.jpg

この後私たちは峠の湯へ向かいました。
今回は峠の湯が折り返し地点となります。
前回の西半分よりも楽な道のりでしたよ^^

続きはまた次回に^^


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ







[PR]
by hotarublog2 | 2017-03-15 21:06 | 山歩き 

アプトの道残り半分 鉄道文化村から峠の湯へ  

先日行ったアプトの道、残り東半分を制覇することになりました。
横川駅に駐車して鉄道文化村からスタートです。

ここはたくさんのJRの車両が保管されています。
私は鉄道についてはほとんど知らないのですが、
マニアにとっては興味津々の車両がたくさんあるのではないでしょうか^^

a0357206_21262448.jpg




a0357206_21264492.jpg




a0357206_21270476.jpg

さて、歩き始めました。
後ろからやってくるのは「峠の湯」に向かう観光列車です。
暖かい日だったので、ハイキングの方もたくさん見られました。

a0357206_21271743.jpg

比較的のんびり歩きながら春の一日を楽しみましたよ^^
明日は、煉瓦造りの素敵な建物遺跡「旧丸山変電所」です。
また来てくださいね^^



今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ





[PR]
by hotarublog2 | 2017-03-12 21:46 | 山歩き 

高架線  





a0357206_21454350.jpg




a0357206_21452911.jpg



新潟の柏崎原発から首都圏へ電気を運んでいた高架送電線です。
大事な役目を担い働き続けていましたが今は稼働していません。

風景を撮るときに、これがあると
やはり避けてしまうことが多かったけれど
こうやって見ると中々美しく感じられます。

明日は3月11日、東日本大震災から6年です。
当時テレビの前で被災地と福島の原発の状況が刻々と報道されるのを
焦りにも似た気持ちで見守っていた方も多かったことでしょう。

地震大国、やはり原発の恐ろしさを強く感じます。
私にできることは、先ず電気の節約だと思っています。



今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ





[PR]
by hotarublog2 | 2017-03-10 22:00 | 山歩き 

アプトの道 峠の湯から熊の平駅へ#3 熊ノ平駅 


第10号トンネルを抜けるとかつての面影をとどめた駅が現れます。


a0357206_21464896.jpg

説明にもある通り、上り列車と下り列車の
すれ違いのために設けられた駅とのことです。
急な坂である碓氷峠で、唯一平坦な地だったからなのだそうです。

アプト式という特殊運転方式が使われていたのですね。
a0357206_21470969.jpg

駅は廃墟のようで、なんだか侘しさを感じます。


a0357206_21472435.jpg

それでも文化財として、かつての鉄道文化を残しているのです。


a0357206_21473114.jpg

このようにウォーキングロードの両側に二つのトンネルが残されていました。
上下線のほかに、左側は電化に伴って新しく掘られたトンネルです。


a0357206_21473996.jpg




ここから引き返し峠の湯まで戻ってから、
温泉につかって汗を流し、
疲れを取ることができましたよ^^
この日、万歩計は18000歩余りを示していました。




今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ








[PR]
by hotarublog2 | 2017-03-07 22:07 | 山歩き  | Trackback | Comments(0)

アプトの道 峠の湯から熊の平駅へ#2 ~めがね橋など~


5号トンネルを出てそのまま歩き続けようとすると、相棒からストップをかけられました。
下を覗くように言われて見ると、なんとここはめがね橋の橋梁だったのです。
車で旧碓氷峠を軽井沢に向かうときは、いつも見ている橋です。

a0357206_21193313.jpg

以前、友達を案内して駐車場からこの橋に登り、
秋の風景を撮影しました。


a0357206_21194522.jpg

その時たまたま出会ったハイキングの男性から
向こうに見えるもう一つの橋に案内してもらいました。


a0357206_21195799.jpg

その時のことはここにアップしてあります。
めったに見られない風景なので、興味があったらどうぞ♪
碓氷峠 めがね橋から隣の橋へ

その橋はこのように線路も残っていて、
当時の私は腹ばいになってこの写真を撮りました。
親切な男性は、わざわざシートを敷いてくれたのです^^
懐かしい写真です。
a0357206_21382083.jpg
めがね橋を後にして、6号から10号までのトンネルをくぐる間に
いくつかの橋梁を渡りました。

a0357206_21201641.jpg

大小様々、どれも煉瓦造りの魅力的な橋でしたよ^^


a0357206_21203137.jpg


さて、最後のトンネル、10号トンネルです。
a0357206_21430197.jpg


これを抜けると「アプトの道」折り返し地点「熊の平駅」です。

「アプトの道」シリーズ、もう少しお付き合いくださいね^^


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ








[PR]
by hotarublog2 | 2017-03-06 21:48 | 山歩き 

アプトの道 峠の湯から熊の平駅へ 

碓氷峠「アプトの道歩き」で撮った画像をご覧いただきますね。

このように整備された道を
第1号から第10号までのトンネルをくぐりながら歩きます。

天候も春先の穏やかな日差し・・
a0357206_19503478.jpg

トンネルの中は照明されていますが、
やはり一人だったら少し怖い感じもしました。

a0357206_19505350.jpg


「甲、乙横坑」横から掘り出した穴です。
外の光が入って、美しい陰影を作っていました。。

a0357206_19512910.jpg



このような橋梁もいくつか渡ります。
a0357206_19522867.jpg


このトンネルは何号だったのか、眼鏡橋の続きだったように思います。
a0357206_19521153.jpg


天井のアーチ、とにかくレンガの組み方が魅力的です。

a0357206_19525035.jpg


トンネル内部に気になる場所がたくさんあるのです。
a0357206_20023884.jpg


一つ一つのトンネルが個性を持っていて、
それぞれに感動して何枚も(200枚近く)撮りましたよ^^

a0357206_19593351.jpg


歩いている人たちもたくさんいましたよ。
明日は眼鏡橋を中心に、いくつかの橋をお届けしますね^^



今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ








[PR]
by hotarublog2 | 2017-03-05 20:27 | 山歩き 

廃線 





a0357206_21100558.jpg




a0357206_21100894.jpg




a0357206_21114792.jpg

かつての任務と賑わいをそこに置いたまま 

時の流れに乗り遅れた列車は 

空中に霧散してただそこに漂っている 






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

碓氷峠の「アプトの道」を歩いてきました。
新幹線の開通とともに廃線となった信越本線は、
今整備されて気持ちの良い遊歩道となっています。

このところ歴史散歩がマイブームです^^

2月26日撮影:


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

    



[PR]
by hotarublog2 | 2017-02-28 21:23 | 山歩き 

稲荷神社 太田金山ハイキング #4 

太田金山ハイキング、最終回です。

新田神社の境内に、鳥居が並んでいるのを見つけました。
竹藪も良い感じ、近寄ってみました。

a0357206_19421169.jpg



連なる鳥居は、これまでも何度か撮りました。
なんとなく異空間に誘い込まれるような気がします。
a0357206_19422455.jpg


両側にお稲荷さんがいましたよ。
a0357206_19421475.jpg

新田神社を後にして、私たちは来た道を戻りました。
ハイキング開始が午後だったので、そろそろ日が翳ってきました。
下り坂も急斜面が続きましたが、所々に近道を見つけたりして、
5時過ぎに駐車場に着きましたよ^^

太腿の筋肉が少し鍛えられたと思えたハイキングでした^^


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

    





[PR]
by hotarublog2 | 2017-02-27 19:58 | 山歩き 

新田神社 太田金山ハイキング#3

実城(みじょう)本丸の高台に建つ新田神社に向かいました。

石段の登り口にあった大ケヤキに、まず圧倒されました。
いつものことですが、こういう巨木を表現するのはとても難しいです^^;
向こうに見えているのが新田神社です。

a0357206_22100417.jpg



説明がありましたが、樹齢800年、樹高17m、周囲6.79mとのことです。
ご神木ですね~
a0357206_22100926.jpg




さて、石段を登っていきました。
良い感じの石段でしょう。

a0357206_22040010.jpg

新田神社です。
a0357206_22041005.jpg


言わずものことですが、ここは新田義貞を祀っています。
相棒から足利尊氏と新田義貞のことなどを聞いてから・・

a0357206_22042159.jpg

ここでお参りをしました。


a0357206_22042874.jpg


境内のいろいろな史跡を見て回っていると、
太田の街に光が差しているのに気が付きました。

a0357206_22043980.jpg

境内には他に神秘的な感じの稲荷神社がありましたが、
明日またご覧いただきますね(*^_^*)


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

    


[PR]
by hotarublog2 | 2017-02-25 22:34 | 山歩き  | Trackback | Comments(0)

石垣の美 太田金山ハイキング#2

「大手虎口」に着きました。
城へ向かうための通路を厳重に守っていた防御拠点とのことです。

歩いてみると両側に見事な石垣があり、
ここへ攻め入った敵は相当に圧倒されたであろうと想像しました。

a0357206_20434865.jpg


足元に敷かれた石畳も興味深く、
特に、この丸い石は何のためにこのように配置されているのだろうと思いました。


a0357206_20435307.jpg

時の経過を思わせる石積みです^^


a0357206_20435951.jpg

石垣の上にそびえる1本の木も印象的でした。
欅のように見えましたが正確には不明です。

a0357206_20441024.jpg
近くに「金山城は日本の100名城に含まれる」と記述がありました。
この大手虎口を歩いてみると、そのことが実感されましたよ^^

明日は本丸に建つ「新田神社」です。
また来てくださいね(*^_^*)


*去年の今頃に「風の彩りー2」へ移転しました。
近頃は更新が滞り、訪れてくださる方には申し訳なく思います。
初心に帰り「季節の持つ光と影、吹く風の彩りと輝き」を見つめて、
また動き出そうと思っていますので、
スタート時の「風の彩り」同様、今後も見守ってくださいね<(_ _)>



今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ











[PR]
by hotarublog2 | 2017-02-24 21:24 | 山歩き