風の彩り-2

<   2017年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

風降る湿原にて 


尾瀬には中学校の時以来、数えきれないくらい行きました。
以前の「風の彩り」には尾瀬への思いを繰り返し書いています。
尾瀬だけでなく、池の平湿原、霧多布湿原、釧路湿原、野付半島などにも
数回ずつ行っています。
湿原は私を癒し、生き返らせてくれるのです。

今からもう10年以上前になりますが、サイトの友達DONOCOさんが、
そんな私の思いに共感して、音楽付きのムービーにまとめてくださいました。
とても素敵に出来上がっています。
私も当時の強い思いを振り返りながら、懐かしく見ています。
よかったらご覧くださいね。

*下にも書いてありますが、リンク先はDONOCOさんのサイトになります。
湿原に関する作品は「風降る湿原にて..」の3編です。

■Collaboration Roomへ■


a0357206_21111001.jpg

~~~~~~~~~~~~これは当時私が書いた「前書き」です~~~~~~~~~~~~~~~~~

■2006.9.26.
DONOCOさんと私は、去年の秋からいくつかのコラボの作品を作ってきました。
私ほたるの拙い画像に共感され、コラボを申し出て下さったのです。
以前、こちらでも紹介させていただいたのが、第1作「ここにいるよ」です。
秋の光と風を探していた私に、DONOCOさんは音楽を添え、
画像をFLASH MOVIEとして生まれ変わらせて下さったのです。

今回は、「風降る湿原にて..」です。

湿原へのほたるの思いに深い理解を示して下さったDONOCOさんは、
ほたるの作った曲をアレンジし、湿原の画像を用いて
同じようにFLASH MOVIEを作って下さいました。
その中で、私は、「湿原に寄せる思い」を「詩?」として書き、
作品の中に添えさせて頂きました。
およそ1ヶ月の間、何度もやりとりをして二人でずっと取り組んできました。
そして出来上がった作品は、ほたるの一生の宝物となりました。

ここから先は、DONOCOさんのサイトです。
ほたるのサイト誕生日にちなみ、コラボの作品をアップして下さった記念のページです。
ごゆっくりとご覧いただけたら嬉しいです。
*音楽も作品の一部となっています。音楽を鳴らしてご覧くださいね^^

DONOCOさんに感謝を込めて

■Collaboration Roomへ■



今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ






[PR]
by hotarublog2 | 2017-07-31 21:41 | 湿原・高原

夏の尾瀬沼⑦ さよなら、尾瀬沼 


さて、沼尻からビジターセンター方面に向かって戻り始めました。
途中には被写体がたくさんあって、気を引かれながらちょこちょこと撮り続けました。

なんだか沼辺の主のような存在感のある木です。
a0357206_20103166.jpg



尾瀬沼を一望できるところで撮った、この日最高の光とアングルです。

a0357206_20090893.jpg

1時間近く歩いて、私たちはビジターセンターに着き、そこで小休憩。
そこで山野草の名前も確認させて頂きました。
10分くらい休んで、いよいよ帰路につきます。

大江湿原にいる間は、まだ写真を撮ったりして余裕がありました。
a0357206_20093577.jpg


お気付きかもしれませんが、カメラをミラーレスに戻し
乏しいバッテリーを使い切ってしまおうとレンズも望遠にしています。
a0357206_20092229.jpg

沼から離れ、峠に向かって歩き続けます。
なんだか名残惜しい気持ちでいっぱいです。
長蔵小屋辺りに一泊すればよかったなぁ~なんて思ったりしました^^;

a0357206_20093025.jpg


お初のトンボを捉えることができましたよ^^
a0357206_20101182.jpg

帰り道の私たちに対してまだ登ってきた方たちもいて、木道ですれ違いました。



a0357206_20094556.jpg


大江湿原で最後に撮った写真は14時35分です。
これから入ってくる方たちは泊りなんでしょう、
時々大きな三脚やレンズを持っている人達も見られました。
a0357206_20293264.jpg

この後私たちは峠越えです。
帰りは登りが長く、私たちはピッチを上げて一定速度で黙々と歩き続けました。
息が切れ汗だくになりましたが、途中一回だけ、5分ほど休んだだけです^^
目指していたより1本早いバスに乗れそうで、
最後は相棒が先に行ってバスを止めようとしましたが、
団体客がいてバスは満杯、タッチの差で出てしまったようです。

次のバスまで待つこと30分、待合所で買ったジェラートの美味しかったこと♬
一緒になった方たちとおしゃべりして情報交換しましたよ^^

さて、バスで御池駐車場に戻り、車で着替えて一路家に向かいます。
桧枝岐村から西那須野塩原IC東北自動車道に入り、
高速道路を4つ乗り継いで、SAで夕食をとって帰宅は9時すぎになりました。
山歩きの後で長時間運転してくれた相棒に感謝です。

ちなみに万歩計は25000歩ちょっと。
翌日筋肉痛が少し出た程度でした。
まだまだ大丈夫かな(#^.^#)

これで今回の尾瀬行記録は終わりにしますね^^
長らくお付き合いくださりありがとうございました。


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ






[PR]
by hotarublog2 | 2017-07-29 21:01 | 湿原・高原

夏の尾瀬沼⑥ 尾瀬で出会った花~続き~ 

尾瀬で出会った山野草の続きです。
接写もできずイマイチの画像で残念ですが、会えて嬉しかった花たちです。

ハナニガナ・・・花弁が8枚なので、ニガナではなくハナニガナだそうです。(nakaさんより)
a0357206_20104330.jpg



シロバナニガナ 
a0357206_20104613.jpg


? 実だと思いますが何でしょう?
コバンソウに似ているような感じです。
→ゴウソ だそうです。nakaさんより教えて頂きました。
a0357206_20105444.jpg


チングルマの種です。

a0357206_20105992.jpg


ハクサンシャクナゲ(白のものはハクサンシャクナゲとのことです。)

a0357206_20112715.jpg


マイヅルソウ
a0357206_19583587.jpg


? 初めて見ました。全く見当もつきません。
→ ヒカゲカズラだそうです。これもnakaさんより教えて頂きました。

a0357206_19584176.jpg


ゴゼンタチバナ・・・林の中にこのように群生して咲いていました。

a0357206_20122302.jpg

尾瀬を歩く醍醐味の一つが、このような湿原に特有の山野草を見ることですね^^
特に一面に群生している花々は感動的です。


a0357206_20210964.jpg




a0357206_20214659.jpg
私たちは、沼尻から大江湿原に戻りました。
次回は帰路で出会った風景をお届けします。

尾瀬の旅も次回で終わりにしたいと思います。
また来てくださいね(#^.^#)



今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ






[PR]
by hotarublog2 | 2017-07-27 20:30 | 湿原・高原

夏の尾瀬沼⑤ 尾瀬で出会った花 

尾瀬には私の大好きな山野草が至る所に見られます。
写真に撮ったり観察したりで、それも楽しむことができました。

今回と次回の2回にわたって、尾瀬で出会った山野草をご覧くださいね^^


ギンリョウソウ・・・こんなにたくさんの株は初めて見ました。
透き通った白の花が神秘的です。
a0357206_20065032.jpg


ニッコウキスゲ・・・尾瀬の代表的な花ですが、
近年、シカなどの害で個体数がどんどん減っているようです。
a0357206_20072966.jpg


ワタスゲ・・・綿毛は花ではなくて実なのです。
朝のうちは閉じていた綿毛も、日が当たってこんなに開き、
今にも飛び立ちそうでした。
a0357206_20074720.jpg


タテヤマリンドウ・・・初めて見ました。
私の知っているリンドウのイメージと少し違って、
茎が細長く繊細な感じがしました。
ビジターセンターの人に確認して名前が分かりましたよ。
とても小さな花で、湿原に群生していました。
a0357206_20081013.jpg


ミズバショウ・・・これも尾瀬の代表的な花です。
花は終わって棒状の花茎がしっかりと育っていました。
熊が好んで食べるらしいですよ。
a0357206_20081818.jpg



ミヤマエンレイソウ・・・花は終わって実をつける準備をしていました。
a0357206_20082648.jpg


ハクサンチドリ・・・見たことはありましたが、
今回初めて名前と一致しました。
飛ぶ千鳥に姿が似ているのだそうです。
a0357206_20095237.jpg


カキツバタ・・・見分けるのが難しいですが、
花びらに白い紋があるそうです。
a0357206_20100986.jpg


ミツガシワ・・・花はもう終わっていました。
葉の形が三つ柏の紋に似ているそうです。

a0357206_20103295.jpg


サワラン・・・濃いピンクが印象的な、小さな蘭です。

a0357206_20111901.jpg
「尾瀬の植物図鑑」やパンフレットで確認していますが、
間違いがありましたらお知らせくださいませ<(_ _)>
次回に続けます。また来てくださいね^^




今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ












[PR]
by hotarublog2 | 2017-07-26 21:37 | 湿原・高原 | Comments(0)

夏の尾瀬沼④ 沼尻~小沼 

見晴らしの良い沼尻の湿原を後に、私たちはさらに歩き始めました。
時計を見ると正午過ぎ。お弁当が待ち遠しい時刻です。
a0357206_22493483.jpg

途中いくつかの林を抜け、所々で沼が見えて、
変化する風景を楽しみました。
出会った人に聞いてみると、この先にまだ湿原がありますとのこと。
そして小沼に着きましたよ。
a0357206_22494295.jpg

木道が2列並ぶのでそのうちの一方に腰を下ろし、
ようやくお弁当の時間になりました。
歩いた後に外で食べるお弁当は格別です(^^♪
(とはいえコンビニで買ったおにぎりです^^;)
モウセンゴケなどを眺めながらのんびりと食べました。
a0357206_22500348.jpg

沼を一周すると帰りのバスの時刻に余裕がなくなるので、
私たちは来た道を戻ることにしました。

a0357206_22501391.jpg

気持ちの良い風景を楽しみながら歩を進めます。
それにしても空は晴れて、最高の天気です。
a0357206_22502329.jpg

そして再び沼尻に戻りました。
ここで少し写真を撮ったり風景を見たり、
もう一つ私の好きな山野草をあれこれと調べたり・・
a0357206_22503036.jpg
もう少し時間が欲しかったけれど、
夜の高速道路を運転する相棒のことを考えて我慢しました^^

沼尻から再び、長蔵小屋とビジターセンターのある
北岸コース入口へと歩き始めましたよ。

次回に続きます。また来てくださいね(#^.^#)

今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ







[PR]
by hotarublog2 | 2017-07-25 23:19 | 湿原・高原

夏の尾瀬沼③ 沼に沿って歩く  


ビジターセンターで一休み、情報を頂いてから沼に沿って歩き始めました。
沼を左に見て、反時計回りに歩きます。北岸コースです。
a0357206_21182310.jpg

木立の中に入り、沼から遠ざかったり、


a0357206_21182876.jpg



a0357206_22095458.jpg


林から出て湿原の中を歩いたりと、変化に富んだ道のりです。
浅湖湿原です。
a0357206_21183650.jpg


沼に近づいてじっくり見られる場所です。
天候に恵まれて、沼が光っています。
a0357206_21184449.jpg


時期に遅れて咲いている白いシャクナゲが見られました。

a0357206_21190001.jpg




a0357206_21185467.jpg
のんびりとほぼ1時間歩き、この後沼尻に着きました。
割と開けた場所で、お弁当を食べている人たちがたくさんいました。

私もその中に混じってお弁当を食べたいと思いましたが、
相棒が、もう少し先に行ってからと言うので我慢して^^;
私たちはさらに先を目指しました。

続きはまた次回に・・・また来てくださいね(#^.^#)


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ










[PR]
by hotarublog2 | 2017-07-24 21:45 | 湿原・高原

夏の尾瀬沼② 大江湿原 

大江湿原の中を尾瀬沼の方向に向かって歩き続けます。
なんという清々しさ。
言葉には表せないくらい、尾瀬の湿原は私を生き返らせてくれます。

遠くに燧ケ岳が見えてきました。

a0357206_20462668.jpg


ニッコウキスゲも数を増して・・・
a0357206_20463669.jpg


澄んだ流れの中にはイワナが泳いでいるのが見られました。
a0357206_20464229.jpg


この水が尾瀬沼と繋がっているのでしょう。
a0357206_20472229.jpg


脇道には巨大化した水芭蕉が見られました。

a0357206_20473425.jpg


尾瀬沼に向かって歩き続けます。
a0357206_20475326.jpg


歩き続けると、木道の先に尾瀬沼が見えてきました。
手前はイタドリゼンマイの群生です。

a0357206_20475920.jpg


ニッコウキスゲも群生してきました。

a0357206_20480718.jpg

さて、尾瀬沼に近づきました。
この3本の木立が印象的です。
登山客も増えてきました(が、尾瀬ヶ原よりもずっと少ないです。)

a0357206_20483540.jpg


燧ケ岳も大分近づきました。

a0357206_21154597.jpg

実は今回持参したカメラはミラーレス、山歩きを考えて小型にしました。
大きいのを持つか直前まで迷っていたのですが・・・
(という言い訳を自分に言っても仕方がないのですが、)
途中まで撮っていてバッテリーマークが点滅しているのに気が付きました。
なんと予備のバッテリーを忘れたのです。

うう・・・やってしまいました。
相棒の持参したコンパクトデジカメラを借りて撮り続けました^^;
(途中から画質が変わっていますが、比較的きれいなので安心しました^^)

そんなわけですが、目的はあくまでも尾瀬を満喫することです。
楽しんで歩きましたよ^^

次回は尾瀬沼の周りです。
また来てくださいね(#^.^#)


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ







[PR]
by hotarublog2 | 2017-07-22 21:49 | 湿原・高原

夏の尾瀬沼① 沼山峠から大江湿原へ 


尾瀬を歩きたい気持ちが募り、今回は福島県桧枝岐村から
尾瀬沼方面に入るルートを選びました。
尾瀬には数えきれないくらい行きましたが、
このルートは初めてです。
朝3時に家を出て相棒が長距離運転、御池の駐車場からは8時発のバスで登山道入り口へ。
そこから峠に向かって歩き始めました。

a0357206_22075938.jpg

いつもの鳩待峠よりも、登山道が整備されていました。
周囲には印象的な木々が立ち並び、時々スナップしながらも
黙々と歩き続けました。
a0357206_22080840.jpg


木道もご覧のように広くて歩きやすかったです。
平日のせいか、登山客もあまりいません。
a0357206_22105204.jpg

しばらくすると道は下り坂になりました。
沼山峠はなだらかで、行きは疲れも感じずに歩くことができました。

時々、1本の木に寄り添うように別の木が生えて、
一体化しているのが見られましたよ。
a0357206_22110677.jpg

40分ほど歩くと突然林が開けて、湿原が見えました。
大江湿原です。

a0357206_22111696.jpg


見渡す限り、ワタスゲが白い穂を付けて広がっています。
わ~っと叫びたいような、爽やかな風景でした。

a0357206_22113008.jpg


少し進むと、ニッコウキスゲもちらほらと見えてきました。
ちょうど咲き始めの清々しい色合いです。
a0357206_22113476.jpg
広々とした大江湿原を、私たちは尾瀬沼方面に向かいます。

続きはまた明日に。
また来てくださいね(#^.^#)


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ








[PR]
by hotarublog2 | 2017-07-21 22:43 | 湿原・高原

苔むす湿原 





a0357206_14323433.jpg




a0357206_14320977.jpg




a0357206_14321764.jpg

実はこの有名な苔の湿原が見たくて、
草津に行ったのでした。
強い酸性の水質に耐えるとのことで、
ビロードのような光沢で肉厚の見事な苔でした。

さほど広くない木道を一周して、
のんびりと眺めることができました。
平日だったので観光客もあまり多くなくて、
東屋で持参したお弁当を食べたりして癒されるひとときでしたよ^^



今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ







[PR]
by hotarublog2 | 2017-07-19 14:54 | 湿原・高原

滔々と 

絹糸のように繊細なヴァイオリンの音色に 

幾つものヴァイオリンが重なり 

やがてはビオラ、チェロが重厚さを添えて 

コントラバスは重低音部を支える 


a0357206_20543719.jpg

木管が加わって緩やかに穏やかにハーモニーを合わせ  

突然躍動し、ドラムが鳴り響き金管の高らかなファンファーレ 


a0357206_20552345.jpg

強く激しく、やがてはすすり泣くように 

切ないメロディーが後を引き受け  

オーケストラは一体となって曲の魂を表現する 


a0357206_20550489.jpg

滔々と途切れることなく 

澄んだ音色は自由な音楽を奏で続ける 

君の過去とこれからを繋ぐ時の流れのように 





                                          
                                            
今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ








[PR]
by hotarublog2 | 2017-07-16 21:33 | 水、滝、映り込み