風の彩り-2

夏の尾瀬沼③ 沼に沿って歩く  


ビジターセンターで一休み、情報を頂いてから沼に沿って歩き始めました。
沼を左に見て、反時計回りに歩きます。北岸コースです。
a0357206_21182310.jpg

木立の中に入り、沼から遠ざかったり、


a0357206_21182876.jpg



a0357206_22095458.jpg


林から出て湿原の中を歩いたりと、変化に富んだ道のりです。
浅湖湿原です。
a0357206_21183650.jpg


沼に近づいてじっくり見られる場所です。
天候に恵まれて、沼が光っています。
a0357206_21184449.jpg


時期に遅れて咲いている白いシャクナゲが見られました。

a0357206_21190001.jpg




a0357206_21185467.jpg
のんびりとほぼ1時間歩き、この後沼尻に着きました。
割と開けた場所で、お弁当を食べている人たちがたくさんいました。

私もその中に混じってお弁当を食べたいと思いましたが、
相棒が、もう少し先に行ってからと言うので我慢して^^;
私たちはさらに先を目指しました。

続きはまた次回に・・・また来てくださいね(#^.^#)


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ










[PR]
# by hotarublog2 | 2017-07-24 21:45 | 湿原・高原

夏の尾瀬沼② 大江湿原 

大江湿原の中を尾瀬沼の方向に向かって歩き続けます。
なんという清々しさ。
言葉には表せないくらい、尾瀬の湿原は私を生き返らせてくれます。

遠くに燧ケ岳が見えてきました。

a0357206_20462668.jpg


ニッコウキスゲも数を増して・・・
a0357206_20463669.jpg


澄んだ流れの中にはイワナが泳いでいるのが見られました。
a0357206_20464229.jpg


この水が尾瀬沼と繋がっているのでしょう。
a0357206_20472229.jpg


脇道には巨大化した水芭蕉が見られました。

a0357206_20473425.jpg


尾瀬沼に向かって歩き続けます。
a0357206_20475326.jpg


歩き続けると、木道の先に尾瀬沼が見えてきました。
手前はイタドリゼンマイの群生です。

a0357206_20475920.jpg


ニッコウキスゲも群生してきました。

a0357206_20480718.jpg

さて、尾瀬沼に近づきました。
この3本の木立が印象的です。
登山客も増えてきました(が、尾瀬ヶ原よりもずっと少ないです。)

a0357206_20483540.jpg


燧ケ岳も大分近づきました。

a0357206_21154597.jpg

実は今回持参したカメラはミラーレス、山歩きを考えて小型にしました。
大きいのを持つか直前まで迷っていたのですが・・・
(という言い訳を自分に言っても仕方がないのですが、)
途中まで撮っていてバッテリーマークが点滅しているのに気が付きました。
なんと予備のバッテリーを忘れたのです。

うう・・・やってしまいました。
相棒の持参したコンパクトデジカメラを借りて撮り続けました^^;
(途中から画質が変わっていますが、比較的きれいなので安心しました^^)

そんなわけですが、目的はあくまでも尾瀬を満喫することです。
楽しんで歩きましたよ^^

次回は尾瀬沼の周りです。
また来てくださいね(#^.^#)


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ







[PR]
# by hotarublog2 | 2017-07-22 21:49 | 湿原・高原

夏の尾瀬沼① 沼山峠から大江湿原へ 


尾瀬を歩きたい気持ちが募り、今回は福島県桧枝岐村から
尾瀬沼方面に入るルートを選びました。
尾瀬には数えきれないくらい行きましたが、
このルートは初めてです。
朝3時に家を出て相棒が長距離運転、御池の駐車場からは8時発のバスで登山道入り口へ。
そこから峠に向かって歩き始めました。

a0357206_22075938.jpg

いつもの鳩待峠よりも、登山道が整備されていました。
周囲には印象的な木々が立ち並び、時々スナップしながらも
黙々と歩き続けました。
a0357206_22080840.jpg


木道もご覧のように広くて歩きやすかったです。
平日のせいか、登山客もあまりいません。
a0357206_22105204.jpg

しばらくすると道は下り坂になりました。
沼山峠はなだらかで、行きは疲れも感じずに歩くことができました。

時々、1本の木に寄り添うように別の木が生えて、
一体化しているのが見られましたよ。
a0357206_22110677.jpg

40分ほど歩くと突然林が開けて、湿原が見えました。
大江湿原です。

a0357206_22111696.jpg


見渡す限り、ワタスゲが白い穂を付けて広がっています。
わ~っと叫びたいような、爽やかな風景でした。

a0357206_22113008.jpg


少し進むと、ニッコウキスゲもちらほらと見えてきました。
ちょうど咲き始めの清々しい色合いです。
a0357206_22113476.jpg
広々とした大江湿原を、私たちは尾瀬沼方面に向かいます。

続きはまた明日に。
また来てくださいね(#^.^#)


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ








[PR]
# by hotarublog2 | 2017-07-21 22:43 | 湿原・高原

苔むす湿原 





a0357206_14323433.jpg




a0357206_14320977.jpg




a0357206_14321764.jpg

実はこの有名な苔の湿原が見たくて、
草津に行ったのでした。
強い酸性の水質に耐えるとのことで、
ビロードのような光沢で肉厚の見事な苔でした。

さほど広くない木道を一周して、
のんびりと眺めることができました。
平日だったので観光客もあまり多くなくて、
東屋で持参したお弁当を食べたりして癒されるひとときでしたよ^^



今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ







[PR]
# by hotarublog2 | 2017-07-19 14:54 | 湿原・高原

滔々と 

絹糸のように繊細なヴァイオリンの音色に 

幾つものヴァイオリンが重なり 

やがてはビオラ、チェロが重厚さを添えて 

コントラバスは重低音部を支える 


a0357206_20543719.jpg

木管が加わって緩やかに穏やかにハーモニーを合わせ  

突然躍動し、ドラムが鳴り響き金管の高らかなファンファーレ 


a0357206_20552345.jpg

強く激しく、やがてはすすり泣くように 

切ないメロディーが後を引き受け  

オーケストラは一体となって曲の魂を表現する 


a0357206_20550489.jpg

滔々と途切れることなく 

澄んだ音色は自由な音楽を奏で続ける 

君の過去とこれからを繋ぐ時の流れのように 





                                          
                                            
今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ








[PR]
# by hotarublog2 | 2017-07-16 21:33 | 水、滝、映り込み