風の彩り-2

タグ:お寺 ( 21 ) タグの人気記事

秩父26番札所 万松山円融寺#2 本堂へ 





円融寺岩井堂の舞台を下りて、
私たちは山を下りました。
a0357206_20005812.jpg



帰りは石段の道ではなくて琴平神社を通り抜ける道でした。
気持ちの良い山道を歩いていくと神社の小さなお堂がありました。



a0357206_20010800.jpg




さらに下ったところにあったお堂には
子供を連れたお稲荷さんがいました。


a0357206_20013263.jpg




さて、琴平神社の境内を通り抜け鳥居をくぐり
駐車場から車で円融寺本堂に向かいました。

本堂境内に着いて目に入った晩秋の日差しです。

a0357206_20015592.jpg


円融寺の説明です。
これによるともともとは岩井堂にあった聖観音が
こちらの本堂に移されたとあります。


a0357206_20195673.jpg

急ぎ足でたどり着いた本堂では
まずお参りして御朱印を頂いてから
ホッとして辺りを見回すと
秋色を映す御手洗を見つけました。



a0357206_20024112.jpg




振り返ればお寺に当たっている最後の光。
ずいぶんやわらかくなっていました。


a0357206_20031613.jpg



画像に残されたデータから、
4時頃ここを後にしたようです。
11月12日のことでした。

今年開始した秩父札所巡りは来年も続けます。
春にスタート、夏と秋にも巡って、
今度はいつになるでしょう。
楽しみを後に残して今年を終えようとしています。
あと1日。
今年もよい終わりを迎えますように^^


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ





[PR]
by hotarublog2 | 2016-12-30 20:43 | 秩父札所巡り

秩父26番札所 万松山円融寺 



万松山円融寺は本堂から30分ほどの山上に
「岩井堂」があるとのことで、
私たちは先に岩井堂に向かいました。

分かりにくい参道への入り口を相棒が見つけて
夕方の古道を歩き始めました。
「みぎ二十六番通」「岩井堂入口」と書かれていました。


a0357206_21461887.jpg

私好みの苔むした石段、ずっと上まで続いています。
(全部で300段余りだったようです。)


a0357206_21483985.jpg

すぐ脇の石仏、優しいお顔です^^
道中を見守ってくれるような気がしました。


a0357206_21485222.jpg


ゆっくりと十数分登って見えてきたのは
清水寺のような高い舞台のお堂でした!


a0357206_21492541.jpg


着きました!すごいですね~!!
断崖急斜面に建つ朱塗りの建物です。
長年風雨に耐えてきたことを物語るような風格でした。


a0357206_21503117.jpg



先にお堂の裏手に行ってみました。
岩の祠の下にはまたもや石仏群が・・・
中には閻魔大王も鎮座していました。


a0357206_21505423.jpg



それからお堂の舞台に立ち、欄干に沿って歩いてみました。
遠くの景色も一望できましたが、
武甲山が見えていたのに撮るのを忘れました^^;

この岩井堂は無人でしたが、
建物に施された彫刻からその由緒が想像されました。


a0357206_21511144.jpg


寺の縁起の書かれた板札です。


a0357206_22265860.jpg

戻るときは別の道「琴平神社」を通り抜けながら下ります。
まだ日が残っていたのでやや急ぎ足でしたが、
楽しんで歩きました。それは次回に・・^^


あと少しです、今年中に終わるように頑張りますね(*^_^*)


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ










[PR]
by hotarublog2 | 2016-12-29 22:39 | 秩父札所巡り | Trackback | Comments(0)

秩父27番札所 龍河山大淵寺 




龍河山大淵寺に着いたのは3時近く。
駐車場から見えた紅葉です。
足元には苔やら落ち葉やら、またそこでしばし撮影し・・・

a0357206_20573832.jpg


門柱から境内を撮りました。
晩秋の日差しの、コントラストの強さ!!
この画像もPCでシャドウ部を最大限に上げ
ハイライトを最低に落としてもこんな感じ。
ありのままに表現したら
石段とその奥は見えなくなってしまいます。

a0357206_20575315.jpg


私の好きな御手洗。
清澄な水の佇まいに惹かれます。

a0357206_20583872.jpg


奥に進むと観音堂がありました。
比較的新しいのは、以前2度にわたって火事で焼失し、
平成8年に再建されたからだそうです。

a0357206_20585729.jpg


その謂れが書かれていました。
ご本尊は聖観音とのこと。

a0357206_20592424.jpg

宝明という行脚僧がここで弘法大師から観音像を刻んで頂き、
熱心に拝んだところ足の病が治ったという縁起があるそうです。

a0357206_21001134.jpg

帰りは可愛い狸に見送ってもらいました^^

a0357206_21002403.jpg


晩秋の日の斜光の強さ・・
夏の日の真上から落ちる光とはまた違った激しさに驚きました。


さて、「あと一つ巡ろう」の相棒の言葉に、
私たちは夕方の素敵な古道を歩いたのです。
ではまた次回に・・(*^_^*)

今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ





[PR]
by hotarublog2 | 2016-12-27 21:48 | 秩父札所巡り | Trackback | Comments(0)

秩父28番札所 石龍山橋立堂

秩父札所28番寺の石龍山橋立堂に着いたのは、
午後2時をまわっていました。
石段の先に見えるのは、お堂とその上にそびえたつ巨大な岩山です。
午後の斜光で写真上部が白飛びしていますが岩の一部なのです。

a0357206_20042991.jpg

岩山の全体像、光の露出差が大きすぎて
パソコンでコントラストを調整しましたがこれが精いっぱいです。

人とお堂をご覧いただくと大きさがわかるかと思います。
石灰岩で出来ていて、この中に鍾乳洞があります。

a0357206_20071754.jpg


お堂に着いてお参りしました。
本尊は馬頭観音とのことです。

a0357206_20045311.jpg

時々お遍路さんに出会います。
私たちは車で巡って参道を歩いていますが、
札所全体を歩いて廻っている方も見かけます。

a0357206_20060915.jpg


この古刹の雰囲気もご覧くださいね。

a0357206_20063980.jpg

この後私たちは鍾乳洞に入りました。
とても深くて大きな鍾乳洞、竜のような石筍や石柱も印象的でした。
(この中は撮影禁止でした。)


名前の通りの「石龍山橋立堂」、ここも印象の強い札所でした。
この日、あと2つの札所を巡りました。
今年中になんとか終えるように頑張ります。
また来てくださいね(*^_^*)


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ






[PR]
by hotarublog2 | 2016-12-26 20:41 | 秩父札所巡り

恵みの日差しを 


急ぎ足で通り抜ける季節に

控え目に声を掛ける 

おおい、ここで少し休んで 

恵みの日差しを私にください 


a0357206_21544054.jpg

長泉院で見つけたベンチです。
久々に足を止めて座ってみたくなりました。






おまけは、長泉院の大きな枝垂桜と庭のモミジです。

a0357206_22125729.jpg




a0357206_22132129.jpg


葉を落とした枝垂桜の姿も素敵です。

満開の頃にもう一度訪れたくなりました^^



今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ




[PR]
by hotarublog2 | 2016-12-20 22:17 | ベンチ | Trackback | Comments(0)

秩父29番札所 笹戸山長泉院



駐車場から入口に着くと、大きな仏様が迎えてくれました。
札所29番、笹戸山長泉院です。

a0357206_21565913.jpg

このお寺の特徴が書かれていました。
葛飾北斎52歳と署名入りの楼花の絵があるとのこと。
またこの寺が石札堂と呼ばれるのは古い石札があるからだそうです。

a0357206_21571582.jpg


境内を進むと枯山水の庭園があります。
手入れの行き届いたお庭に木漏れ日が陰影を作っていました。

a0357206_21594725.jpg
本堂に着いてお参りしました。
扉が開いていたので内部も拝見しました。

a0357206_22004497.jpg

こちらは本堂の近くのお庭です。
特徴的なモミジがあったので、しばらく撮影しましたよ^^

a0357206_22011402.jpg

明日は、ここで撮った秋の彩りをご覧いただきますね^^
また来てくださいね<(_ _)>


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ




[PR]
by hotarublog2 | 2016-12-16 22:27 | 秩父札所巡り | Trackback | Comments(0)

秩父30番札所 瑞竜山法雲寺#2 池と石仏 


境内に入って最初に目に入ったのがこの仏様。
紅葉を背景にやさしいお顔立ちですね。
頭の上にさらに一体の仏様を乗せ、髪形も印象的です。

a0357206_21081306.jpg


よく見ると左手には如意宝珠、
右手は掌を正面に向けて与願印を結んでいます。
蓮の花の上に立っているので、もしかすると虚空蔵菩薩でしょうか?
(最近、身近な仏像の本を買いましたが、見分けは難しいです。)
a0357206_21082538.jpg


観音堂の脇には、このように苔むした石仏が並んでいました。
a0357206_21123491.jpg


池のある日本庭園の静かな佇まい・・・
この池は心の字の形に造ってあり、心字池というそうです。
a0357206_21085256.jpg


戻りながらもう1体の仏様を見つけました。
上の仏様と同じ種類でしょうね。
こちらも癒されるお顔立ちです。
a0357206_21091749.jpg

法雲寺をのんびり見て、御朱印を頂いてから、
次のお寺、29番法泉院に向かいました。
また来てくださいね^^


11月12日撮影:



今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ






[PR]
by hotarublog2 | 2016-12-13 21:44 | 秩父札所巡り | Trackback | Comments(0)

秩父30番札所 瑞竜山法雲寺

前回の秩父訪問から1週間後、連続して札所巡りに行きました。
ほぼ一月前のことです。
紅葉のきれいな時期だったので、周辺地のお寺を優先して
それぞれをのんびり廻ることにしました。

この日の最初は、30番札所 瑞竜山法雲寺です。
境内に入ると優雅なお庭の向こうに本殿が見えていました。
a0357206_11004838.jpg


趣のある石段を登っていきました。
a0357206_11010745.jpg

現れたのは風格のある観音堂です。
本尊は如意輪観音だそうですが、年1回の御開帳以外は閉まっています。
a0357206_11014880.jpg

お参りした後に、右側に見えている絵馬の納所があったので、
私も一枚買って願い事を書き、そこに収めてきました。
a0357206_11022058.jpg

「本尊の如意輪観世音は、元応元年(1319年)
建長寺の道隠禅師が唐より奉持したと伝えられている。
唐の玄宗皇帝が、楊貴妃の菩提を弔うため自ら彫刻し、
不空三蔵が開眼したといわれる。」*法雲寺の紹介サイトより引用
a0357206_11020320.jpg
別名楊貴妃観音とも呼ばれる観音像はどれほど美しいのでしょうね^^
いつか絵馬の願い事へのお礼にもう一度お参りしたいと思っています。

次回、このお寺のお庭や石仏などをご覧いただきますね。


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ




[PR]
by hotarublog2 | 2016-12-11 11:45 | 秩父札所巡り

秩父32番札所 般若山法性寺#2 巨岩で成り立つ観音堂周辺 

法正寺の特徴は何といっても巨岩で成り立っている、地質の魅力です。
観音堂に上っていく道中はこのような岩を通り過ぎていくのです。
a0357206_22203857.jpg



岩の上に立つお地蔵様たち・・・
a0357206_22211850.jpg





a0357206_22223258.jpg



石段もよく見てください。一つの大岩を削って作られているのです。
a0357206_22225265.jpg


この大岩の隙間を潜り抜けると奥の院へ続く道がありました。
かなり遠くのようでしたが、行くと感動的な風景と石仏に出会えるそうです。
a0357206_22231415.jpg


日暮れに近く、時間がないので奥の院は諦めました。
お庭で出会った小菊です。
a0357206_22233586.jpg



最後に仁王門で、迫力満点の仁王様を撮りましたよ^^
a0357206_22235340.jpg

般若山法正寺はこれで終わりです。
ここも再び訪れたいお寺になりました(*^_^*)

今日も来て下さってありがとう~


       ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotarublog2 | 2016-11-18 22:35 | 秩父札所巡り

秩父33番札所 延命山菊水寺 

観音院から小鹿野の町を下って延命山菊水寺に着きました。
端正な作りの庭に秋の趣を感じながら観音堂に向かい、
お参りをしてから御朱印帳に記帳していただきました。
a0357206_22195592.jpg


納経所は広い土間の屋内で、天井画や掲示物などが印象的でした。
さらに、記帳してくださった雲水さんが、
書き終わった御朱印帳を恭しくこちらに差し出してくださり、
その所作が美しくて、こちらも恐縮して押し戴きました。
a0357206_22184178.jpg



お庭で見つけた小菊の花。
a0357206_2219469.jpg



そしてムラサキシキブがこんなにも鮮やかな実をつけ、秋の日に輝いていました。
a0357206_22201290.jpg

ここには芭蕉句碑や厄除け地蔵があったのですが、
うっかりと自分たちを入れた写真ばかりで、お見せすることができません<(_ _)>

菊水寺の後、私たちは銀杏並木の美しい秩父ミューズパークに向かいました。
次回は、そこでのスナップをご覧いただきますね^^
また来てくださいね(*^_^*)


今日も来て下さってありがとう~


       ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotarublog2 | 2016-11-13 22:37 | 秩父札所巡り