風の彩り-2

タグ:社寺・史跡 ( 66 ) タグの人気記事

妙義神社と枝垂桜 ②

a0357206_21275634.jpg




a0357206_21283551.jpg




a0357206_21281814.jpg




a0357206_21282785.jpg
4月3日撮影:

妙義神社参道と境内には、幾つもの枝垂桜の古木が見られます。
石段を上ると本殿がありますが、
ここは日光を思わせる素晴らしい彫刻が見られます。
今回はそれは撮影してきませんでしたが、
ぜひ、一見の価値のある神社ですよ^^

さて、今日のコーラス県大会、
私たちは優良団体に選ばれましたが、
関東大会に行けるための抽選に外れてしまいました。
残念でしたが、舞台では納得のいく演奏ができたので満足です^^


今日も来てくださってありがとう~
応援クリックもよろしくお願いします<(_ _)>
↓↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村




[PR]
by hotarublog2 | 2018-04-22 21:48 |

妙義神社と枝垂桜 


妙義神社は古式ゆかしい伝統のある神社です。
ここは何度かご紹介しましたが、
枝垂れ桜の美しさはよく知られています。
天気の良かったこの日、撮影に出かけました。
a0357206_20460437.jpg




a0357206_20461306.jpg




a0357206_20462399.jpg




a0357206_20462768.jpg




a0357206_20463018.jpg




a0357206_20471869.jpg
4月3日撮影:

ご覧の通り、花見に来ていた人がたくさんいました。
時間的に光がフラットでしたが、
色んなショットを撮ることができました。
明日もこの続きをご覧くださいね^^

*と言いつつ、明日はコーラスの県大会です。
先日のリハーサルでは指導者から最後にようやくOKをもらいましたが、
私的にはいまいち確信が持てません。
関東大会には微妙なところです^^;
練習時の録音を聞きながら、
今最後の個人練習をしていますよ^^
明日、ここの更新をする頃には結果が分かっていることでしょう。


今日も来てくださってありがとう~
応援クリックもよろしくお願いします<(_ _)>
↓↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ




[PR]
by hotarublog2 | 2018-04-21 21:01 |

落ち葉の苔庭 


遠くから声が響く 

繰り返す静かなリフレイン 

a0357206_22113721.jpg

どうして、どうして…と問いかけるその声は 


a0357206_22114672.jpg

答えのないままに染み込んでいく 

a0357206_22115567.jpg
これまでとこれからの狭間 

君の手の届かないどこかへ 



                                             
                                         
                                           
                                          

今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ 応援クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ








[PR]
by hotarublog2 | 2017-11-07 22:28 | 秋の風景

秩父34番札所 日沢山水潜寺④ 三十三観音 

一通り境内を見終わって、私たちは帰路に就きました。
帰り道には三十三観音がずらっと並んで見送ってくれます。
a0357206_20504987.jpg


一番手前にある、ひときわ大きな千手観音です。
品格がありますね^^
a0357206_20510082.jpg

そこから一体ずつ撮り始めました。
それぞれの表情や姿が興味深く、じっくりと見ました。
a0357206_20510698.jpg



隣り合っているものでも少しずつ違います。
a0357206_20511370.jpg



下部にある観音像の名前を撮ったり撮らなかったり・・。
a0357206_21110961.jpg




a0357206_21112002.jpg



坂を下るにつれてだんだん見上げる形になります。
a0357206_20512713.jpg




a0357206_20513811.jpg
しばらく撮って周りを見回して気が付きました。
まだまだずっと下方までたくさんあって、全部撮り切れないということに。
アップしたのはごく一部ですが、
時間の制約もあるので、残りは眺めるだけにしましたよ^^


水潜寺を後にして、私たちはかねてから、
札所巡りが結願になったら、お祝いと労いの気持ちを込めて、
この近くの「満願の湯」に入ろうと決めていました^^
a0357206_20514791.jpg
まろやかな湯質と眺めの良い露天風呂で、
ゆったりと癒されることが出来ましたよ^^

ついでに、この日のお昼は、以前からトライしては
込み過ぎていて入ることのできなかった某有名な豚みそ丼の店で、
念願かなってようやく食べることが出来ました。
味もボリュームもお値段も大満足でした^^


さて、ほぼ1年半かけた秩父34箇所札所巡り、
ついに完了しましたよ^^
御朱印もすべて集めましたが奉納せずに、
手元(我が家の仏壇)に残しています。
後日データ化して、いくつかピックアップしてご覧いただきますね^^
長い間お付き合い頂きありがとうございました<(_ _)>


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ 応援クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ








[PR]
by hotarublog2 | 2017-11-05 21:45 | 秩父札所巡り

秩父34番札所 日沢山水潜寺③ 七観音 


水潜りの岩屋から下りて、境内を散策し七観音のところに行きました。
a0357206_21334691.jpg

ここの板碑に詳しい説明が書かれていました。
とても分かりやすいですね。
a0357206_21335452.jpg

順番に撮りながら眺めていきましたよ^^

千手観音
a0357206_21340066.jpg



聖観音 
a0357206_21340703.jpg



馬頭観音 
a0357206_21341352.jpg


十一面観音 
a0357206_21342420.jpg


准胝(じゅんでい)観音 
a0357206_21361928.jpg



不空羂索(ふくうけんじゃ)観音 
a0357206_21390729.jpg



如意輪観音 
a0357206_21345051.jpg

七観音について知識が深まるとともに、
一体一体の優しい姿に触れて癒される気がしました^^
水潜寺はたくさんの石仏に出会えるお寺です。

次回は33観音を中心にお届けしますね^^
秩父札所巡りも残すところあと僅かになりました。
また来てくださいね(#^.^#)


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ 応援クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ







[PR]
by hotarublog2 | 2017-11-03 22:13 | 秩父札所巡り

秩父34番札所 日沢山水潜寺② 水潜り(くぐり)の岩屋 

観音堂の右手の石段を上っていくと、
岸壁に自然にできた洞窟があります。
鍾乳洞とのことですが、この中を音を立てて水が流れています。
昔の巡礼者は34番札所最後のこの寺で水をくぐって身を清めたとのことです。
a0357206_20245803.jpg

近づいていくと、魅力的な石仏がたくさんありました。
わくわくしながら、一体一体をじっくり見ましたよ^^

これは地蔵菩薩でしょうか。
足元に縋りつく二人の子供たちが印象的です。
a0357206_20234282.jpg

この仏様も子供を抱いていますね。
優しそうな顔立ちです。
a0357206_20235052.jpg


これは十一面観音でしょうか。
立ち姿の曲線が魅力的です。
a0357206_20240481.jpg

慈悲深いお顔の上、頭部にはたくさんの仏様が・・
a0357206_20241100.jpg


これは蓮の台座と後輪?の彫刻が見事だと思いました。
a0357206_20242541.jpg


半跏思惟の弥勒菩薩でしょうか。
水に近くなって、大分風化が進んでいました。

a0357206_20243235.jpg


この二体は判別も難しいです。
後ろには岩屋の穴が見えていますが、
近づけませんでした。
a0357206_20244206.jpg

「〇願成就」と書かれています。
「結願成就」でも「満願成就」でもありませんが、
意味的には同じでしょうね。
a0357206_20244942.jpg
現在はこの岩屋の洞窟に入ることも、
水を潜ることも禁止されています。
けれど、このお寺の謂れでもあり清澄な気の満ちたこの岩屋は、
とても価値のある場所のように思いましたよ^^


岩屋から下りて、私たちは七観音のところに向かいました。
またもや石仏が出迎えてくれます。
続きはまた次回に。
また来てくださいね(#^.^#)


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ 応援クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ






[PR]
by hotarublog2 | 2017-11-02 21:10 | 秩父札所巡り

秩父34番札所 日沢山水潜寺① 観音堂と長命水  

水潜寺は秩父札所の結願寺であるとともに、
西国・坂東・秩父の日本百観音霊場(日本百番観音)の
結願寺でもあるとのことです。

去年の5月から始めた秩父34箇所札所巡りですが、
私たちはこのお寺を最後に残しておきました。
いよいよ最後だと思うと感慨深いものがあります^^

お寺の境内入り口には私好みの苔むした石段がありました。
a0357206_19410567.jpg

まずは境内案内図をご覧ください。
本堂は観音堂で、その右側にはこのお寺の名前の由来である
水潜りの岩屋があります。
また左側には七観音や三十三観音があり、
どんな石仏に会えるのか楽しみになりました。
a0357206_19413163.jpg

先ほどの石段を上ったところに
六地蔵様が並んでお出迎えしてくれました。
a0357206_19414126.jpg

その先、まずは観音堂でお参りしました。
本尊は千手観世音菩薩とのことです。

下の写真、左下に方形の平らな御影石が見えていますが、
これに二つの足形が彫ってあり、
「ここに立って拝むと秩父34箇所の他、西国33箇所、坂東33箇所、
合わせて百観音巡礼の功徳がある」というので、
足形の上で一生懸命拝んできました^^
a0357206_19415939.jpg


立派な彫刻も見られましたよ。
a0357206_19424382.jpg

水潜寺の由来が書かれていました。
詳しく知りたい方は読んでみてくださいね。
a0357206_19420830.jpg

「水潜寺」名前の由来となった「水潜り(みずくぐり)の岩屋」から流れた水が、
ここに引かれて「長命水(水かけ地蔵)」となっていました。
説明にある通り、柄杓で水を地蔵の頭に3回かけて、
願い事を3回唱えてきましたよ^^
a0357206_19422107.jpg

さて、ここからいよいよ水潜りの岩屋に向かいます。
古びた石段の道を上ると左手に岩屋が見えています。
a0357206_19423514.jpg
岩屋の近くにもたくさんの石仏があり、感激しました。
その様子は次回ご覧いただきますね^^
また来てくださいね(#^.^#)


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ 応援クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ







[PR]
by hotarublog2 | 2017-11-01 20:25 | 秩父札所巡り

山形の旅#11 酒田③ 本間美術館 

酒田の豪商本間家。
1700年代に三代当主光丘は酒田の公共事業や貧民救済等、
人々のために多大な尽力をしたそうです。
同時にたくさんの事業を行い、「日本一の大地主」と称されたとのこと。

私たちは山居倉庫から地図を頼りに歩きました。
到着したのは本間家旧本邸。
立派な赤松が印象的な邸宅です。
a0357206_22585003.jpg
受付の方に入場券を求めながら聞いてみると、
「時間的にあと一つしか見られないなら、
ここより、本間美術館をお勧めしますよ。」とのアドバイス。

歩いて行けるという距離なので、
地図を読むのが得意な友達の後について再び歩き、
本間家美術館に着きました。
a0357206_22590428.jpg
ここは四代当主光道が別荘として建てたとのこと。
中に入ると、受付の方が案内してくれました。
広い和室から眺める庭園は「鶴舞園」というそうです。
鳥海山を借景に、池泉回遊式の庭園です。
a0357206_22590742.jpg
歴史的な建物にできる光と影にはいつも心を惹かれます。


欄間に彫られた梅の木です。
丸彫りで、後ろからも見ることができます。
a0357206_22591217.jpg

不思議なことに、壁に映る影には鶯が現れるそうです。

a0357206_22591617.jpg

時間があれば、この縁に座ってゆっくりと庭を眺めたいものです。
a0357206_22592411.jpg

さて、その庭に出てみましたよ。
夕日の作る光に浮き上がった庭は中々の趣がありました。


a0357206_22592850.jpg
そして、内部の宝物や資料を見てから、私たちは駅に向かいました。

この日は酒田に宿が取れなかったので、
鶴岡まで向かうのです。
酒田駅のお土産屋さんでコーヒーとお菓子を食べ、
美味しかったお菓子を買っているうちに友達と離れた間に、
ちょっとハプニング、(話せば長いことながら)
うっかりと、コインロッカーに預けた荷物のことも忘れるほどのドタバタで、
後で大笑いの珍道中でした^^;

さて、次回は鶴岡の加茂水族館です。
また来てくださいね(#^.^#)


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ 応援クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ






[PR]
by hotarublog2 | 2017-09-25 23:31 |

山形の旅#10 酒田② 山居倉庫とケヤキ並木  

土門拳記念館から、私たちはるんるんバスで駅の方向に戻り、
途中、山居倉庫前で下車しました。
山居倉庫は明治26年に建てられた、
庄内平野産の米の保管倉庫だったそうです。

着いてみると、ずうっと向こうまで連なる樹齢150年のケヤキ並木に沿って、
黒い板張りの倉庫がずらっと並んでいました。
a0357206_21363395.jpg


初秋のケヤキの葉がうっすらと色づいて、とても印象的です。
a0357206_21362664.jpg


とてもフォトジェニックで、いろんなアングルから狙ってみましたよ^^

a0357206_21364079.jpg

倉庫に沿ってゆっくりと景色を楽しんで歩きました。
光の向きが変わると色合いも違いますね。
a0357206_21364902.jpg


壁に映る木漏れ日も気になって、何枚も撮りましたよ^^

a0357206_21365619.jpg

行きついた先には小さな神社がありました。
屋敷神のように、この倉庫を守っていたのでしょうか。
a0357206_21370228.jpg


倉庫の反対側に廻ってみました。
瓦屋根、繋がる窓、とてもレトロな雰囲気でした。

a0357206_21370861.jpg


石畳と黒壁、木漏れ日の作る模様も魅力的でしょう?
a0357206_21371504.jpg

ちなみにケヤキの木は36本。
倉庫を日差しから守り米の劣化を防ぐために植えられたそうですよ。
a0357206_21360410.jpg
ここのレストランはもう閉まっていたので、
外のラーメンで遅いお昼にしました。

それから本間美術館に向かったのです。
次回ご覧いただきますね(#^.^#)


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ 応援クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ








[PR]
by hotarublog2 | 2017-09-20 22:08 |

山形の旅#6 山形城跡 霞城(かじょう)公園 

蔵王を降りて山形市内に戻った私たちは、
レンタカーを返す前に山形城跡「霞城(かじょう)公園」に寄ってみました。

調べてみると、山形城は1637年に築城されたと伝えられ、
現在の城郭は11代城主最上義光が築いたものが原型とのことです。
下の画像、馬に乗った人物がその人です。
a0357206_21292081.jpg

本丸、二の丸、三の丸の三重の堀と土塁を持つ
全国有数規模の平城だそうです。

a0357206_21292824.jpg

門をくぐり、内部に入ってみると資料館になっていました。
(内部は撮影しませんでしたが、説明員の方もいて、
充実した資料が揃っていました。)
a0357206_21293228.jpg

しばらく見学してから、城址公園の中を散策しました。
桜の古木が、あちこちに見られます。
桜と観光の名所とのこと、納得です。
a0357206_21312712.jpg

お堀端を歩いてみました。
土塁が長く続き、一周したら時間が掛かりそうです。
桜の頃に来てみたいような気がします。
きっと弘前城にも負けない美しさでは?
a0357206_21314165.jpg


お堀の水の美しさに魅せられて撮ってみましたよ^^
a0357206_21314784.jpg
この後私たちはレンタカーを返し、山形駅へ。
友達の一人は用事で帰路につき、
残る二人で銀山温泉に向かいます。
奥羽本線で大石田駅に向かい、駅でバスを待つのです^^

その時のエピソードは次回に・・・(#^.^#)
また来てくださいね^^


今日も来て下さってありがとう~


                   ↓↓ 応援クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ







[PR]
by hotarublog2 | 2017-09-12 21:52 |